| HYPNOSIS | MAGIC | READING | HUMAN | THEORY | OTHERS |

その他資料

メンタリズムの罠
Tricks of the Mind

ダレン・ブラウンの著書。『メンタリズムの罠』はメンタリストDaiGoが翻訳したと話題になった『Tricks of the Mind』の邦訳本。

元マジシャンであるDaiGo氏が翻訳したとは思えないほどのマジック用語の間違いや、催眠も齧ってたと噂のDaiGo氏が翻訳したとは思えないほどの催眠用語の間違いにさえ目を瞑れば良書。

邦訳の過程で内容が7割程度に減っているそうなので、原著『Tricks of the Mind』も合わせて読むことをオススメします。

どちらも最後の方に参考資料が列挙されているので、それだけでもかなり参考になります。

また、この本を読むとわかりますが、ダレン・ブラウンは催眠術に対しては非常対論を支持しており、その考えに至った経緯からすると日本の状態論推しの現状が酷く歪だということに気付かされます。

ブログの方で感想を書いているので気になる方はそちらも参照して下さい。

 

『Pure effect』
(Derren Brown)

どちらかというとマジックの解説本ですが、内容が多岐に渡るためここにカテゴライズしています。観客の頭の中で起こること、マジックについて、マインド・リーディングについて書かれています。

なお私がやる、所謂「メンタル・フォース」はこの書籍で解説されているVerbal Card Forceと原理的、アプローチ的にほぼ同一のものです。

 

コンテンツ・マーケティング64の法則
(著者:アン・ハンドリー)

文章を書く上で参考に…あまりしてはいませんが、最低限知っておいたほうが良いことが紹介されています。知った上で使うかは読み手次第。文章のお約束に関しては英語文化の情報も多いため、そのまま適用すると少しチグハグな印象が出ますが、コンテンツ(文章)の作り方そのものは参考になります。

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法
(著者:エベン・ペーガン)

同じ著者の本 がきっかけでデジタルコンテンツを出そうと思いました。この本ではより詳しくデジタルコンテンツを作る方法、内容の決め方や、必要な要素について解説されています。