はじめまして、びーもと申します。

 

普段はニコニコ動画で「演じてみた」というジャンルの動画を投稿しています。
ジャンさんからのお誘いを受け、珍しくブログを投稿することになりました。

今回の内容は、マジシャン向けの占い・コールドリーディングに関するオススメ文献の紹介です。

 

Luke Jermay氏のJermay's Mind(もちろん日本語版ですよね?)を買われた方はご存知だと思いますが、Q&Aパフォーマンスの解説の中で、「このパフォーマンスをやるなら、占いについて学んでみると良い」と話されています。

氏の演技と方法論に衝撃を受けたので、真に受けて占いを学ぶことにしたわけです。

 

早速本屋に走ったのですが、日本で売られている一般的な占いの書籍というのは、朝のニュースの星座占いに毛が生えたようなものが多く、マジシャンとして知りたい内容は載っていませんでした。

本格的な占い書もありますが、ただただ詳細なだけで、どうやって当てるのかはさっぱりわかりません。(むしろ、わざと書いていないのかも…)

皆さんが知りたい内容も、◯木数子氏のような(古い?)ズバズバ当てる占いの方法ではないでしょうか。

 

結局たどり着いたのは、海外のメンタリズム関連の文献でした。

そこには、日本の書籍には少しも書かれていない(というか、こんなん書けない・・・)情報が満載で、この分野の情報がいかに閉ざされていたかを思い知らされました。

これを共有しないのはもったいないと思い、このブログを書くことにしたというわけです。

 

前置きが長くなりました。

それでは、
「マジシャンとして占いを始めてみたい」
「コールドリーディングって、実際どうやるの?」
という方へ、私が読んだ中からオススメ文献を紹介したいと思います。

 

◆ Q&Aパフォーマンス

  • DYNAMITE MENTALISM (George Anderson)
    Luke Jermay氏も解説の中でオススメしていた文献。
    いわゆるコールドリーディングによるQ&Aアクトの原型が読める。
    氏の言う通り確かに内容は古いけれど、「こりゃ騙されるわ」と納得の内容。
  • Psychometry from AtoZ (Richard Webster)
    同じくオススメされていた文献。
    一人一人にバラエティ豊かで長いリーディングを行うための秘策。
    半年前に占った人に、忘れず同じリーディングを行うこともできてしまう。
  • Projected Answers (Robert A. Nelson)
    ステージQ&Aアクトを行うときのポイントやテクニックの解説。
    コールドリーディング例が多数載っていてすぐ使える。
    内容も現代寄りになっていて、実用書といった感じ。

 

◆ タロット

  • The Magician's Guide to the Tarot (Paul Voodini)
    マジシャンのためのタロットリーディングという、そのまんまなタイトルの文献。
    タロットの簡単な覚え方と、それに合わせたコールドリーディングをセットで紹介。
    初めて読んだ時、「こうやって当てるのか・・・」と衝撃を受けた。
  • The Tarot Reader's Notebook (Ron Martin)
    ガチ占い師によるタロット占いとコールドリーディングの組み合わせ全解説。
    筆跡鑑定や、メンタルマジックなど、使えるものは何でも使う、まさにプロ。
    かなり分厚い文献だが、読む価値あり。 もう大ファン。

 

◆ 手相

  • Speed Learning PALMISTRY (Julian Moore)
    手相の簡単な覚え方をわかりやすく解説した文献。
    コールドリーディング関連の文献を出しているところのものだけあって、
    当てる要素も絡めながら覚えられる。
  • Quick & Effective Cold Reading (Richard Webster)
    手相を見ながらコールドリーディングでズバズバ当てる方法の解説。
    多数リーディング事例が載っているので参考になる。
    Richard Webster氏のリーディングは軽いノリが多く、どんな人でもやりやすい。
  • The Palm Reader's Notebook (Ron Martin)
    この人はほんとにすごい(語彙力の低下)
    日本の手相書では絶対に語られない秘密を大暴露。
    感情線や生命線はおまけ、本当はここを見てこう話す、という方法論に震えた。

 

◆ その他

  • コールド・リーディング (イアン・ローランド) ※日本語で読めます!
    原著は「The Full Facts Book of COLD READING」で、メンタリズム界でも有名な書籍。
    コールドリーディングについては、とりあえずこの書籍だけで十分。
    どうやってマジックや占いに絡めるのかが気になったら、他の文献を読むといいかも。
  • タロット バイブル (レイチェル・ポラック) ※日本語で読めます!
    コールドリーディングとは関係のない、タロット占いの解説書。
    よくあるタロット本は1枚1枚の意味を羅列する暗記帳になっているのに対し、
    「YOU、感じるままに読んじゃいなよ」と言ってくれる、初心者に優しいタロット教本。
  • Learning to Cold Reading (Craig Browning) ※下記URLから無料で読めます!
    http://www.lulu.com/shop/craig-browning/learning-to-cold-read/ebook/product-17796796.html
    コールドリーディングの概要と、オススメの文献をリストアップしてくれている。
    このリストを見ながら、1つ1つ読んでいるところ。
  • Building Blocks (Luke Jermay)
    「Suggestion」の極意と、それを用いたメンタルマジックをいくつか解説。
    スカルダガリのDVDを観て、「は? できるのこれ?」となった人(私がそう)は、これを読むべき。
    そのマジックの裏には一体どういう理論があり、演技では一体何が意図されていたのかが解説されている。
    まだ前半の極意までしか読んでないけれど、少なくともできそうな気になってくる。

 

1つ1つレビューしたいんですが、長くなりそうなのでまたの機会にしたいと思います。
また、一部入手が難しい文献もあります。
頑張って探して手に入れたほうが、読むやる気も湧くと思うので、探してみてください。

一通り読んだら、いつの間にか占いをできるようになっていました。
きっと皆さんも、占い好きな女性よりもずっと当てられる占い師になれるはずです。
是非試してみてください。

 

聞きたいことがあれば、Twitterのダイレクトメッセージに気軽にお送りください。

以上、何を目指しているのかよくわからない、びーもでした。

 

 

 

(びーも)

 


Twitter:@beamobeamo 

ニコニコミュニティ:びーも「マジックて何ですか?」

 

管理人より:

以前より「書いてくださいよ〜」とお願いしていた、びーもさんに書いてもらいました。

 

メンタリズムに魅せられた人の通過点として、「マジック」、「記憶術」、「催眠術(とNLP)」、「心理学(仮)」、「リーディング」があります。

メンタリズムの成り立ちから考えると、「リーディング」から覚えるのが王道と言え、正にそれを実践している方という印象があります。

 

私は催眠分野に突っ走った結果、リーディングはほぼ手付かずで上述の書籍も3つくらいしか読んでいません/(^o^)\

ということもあり、占い(リーディング)方面についてお願いしていました。

 

びーもさんということで、「演じてみた」についての投稿を期待する方も多いかと思いますが、今回は私の個人的な欲求と趣味を優先しています(^ρ^)

 

ただ、「"演じてみた"の話が聞きたい!」という声が多く届けば、今後もしかすると書いてくれるかもしれません。とここで敢えて言ってみます(笑)

 

 

それでは、びーもさんの次回作に期待しつつ…

 

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事