メンタル・マジックをやる人、メンタリズムに興味のある人、カード・マジックをやる人は少なくとも聞いたことくらいはあると思います。

 

サイコロジカル・フォースとメンタル・フォース。

 

この2つの技術は区別して使われたり、同じ意味で使われたりしますが、本当はどうなの?というお話。

 

歴史的…という言い方が適切かは分かりませんが、サイコロジカル・フォースとメンタル・フォースは同義語です。区別はありません。

人によって、特に私はメンタル・フォースを特別に区別していますが、独自の分類分をしているだけです。

 

メンタル・フォースという単語が最初に出てきたのはいつかは分かりませんが、有名な所を上げるとダイ・バーノンのファイブ・カード・メンタル・フォースでは無いでしょうか?(EXPERT CARD TECHNIQUEでは Dai Vernon's Mental Force と記載されており、Encyclopedia of Card Trickcs には Five Card Mental Forceの名前で紹介されています)

 

最近少し訳あって、このファイブ・カード・メンタル・フォースというルーティンを改めて調べていたのですが、どこでこれを覚えたのか全くわからないと来ています(゚∀゚)

以前に和書で見たはずなのですが、さっぱりです…

 

名前の通り5枚のカードから1枚をフォースする手法で、原理は完全に心理学的な方法です。解説にも"...purely pcychological one." って書いてありますしね…

 

ただ、私の様なサイコロジカル・フォースとメンタル・フォースを分けたがる人は、この5枚の中から1枚を選ばせるという手法をメンタル・フォースとは呼びたくなかったりします。もしかすると私だけかも?

 

理由は、私の中でのメンタル・フォースのイメージがダレン・ブラウンによるものだからです。彼はカードを取り出さずに相手の思い浮かべるカードをフォースします。そして私はその手法に取り憑かれていると言っても過言ではありません。

それがやりたくてダレン・ブラウンの推薦図書を集めて読んでみたり、催眠術についての知識を手に入れ実践してみたりもしました(ダレン・ブラウンは最初催眠術から入り、後にマジックを覚えたそうです)。

これが催眠術を本格的にやろうと思ったきっかけでもあります。

メンタル・フォースを覚えようと思った当時はサイコロジカル・フォースの一種であるスプレッド・フォースまでが限界で、選択肢を提示した上でその範囲の中から1枚を選ばせるということしか出来ませんでした。

そしてダレン・ブラウンのやり方が理想だったらこそ、メンタル・フォースとサイコロジカル・フォースを区別して考えているというのがあります。

 

ただですね…

ダレン・ブラウンがメンタル・フォースのやり方を解説している"PURE EFFECTS"という著書にはMental Force 或いは Mental Card Forceなんて単語は無かったんですよ…(2002年の著書です)

 

PURE EFFECTS で解説されていたのは、やっていることは正に今で言うメンタル・フォースですが、名称が Verbal Cards Forceという名前で、ダイヤの3とスペードのJをフォースするという2パターンのみの解説でした。

最初の行でいきなり、「この名称にはやや間違いが有る」的な事を言い始めたので、それがきっかけで後にメンタル・フォースとかメンタル・カード・フォースなんて名前にしたのかな?と思ったり思わなかったりしています。

(どの辺が間違っているかというと、ヴァーバルという名称を使っているものの、どちらかというとノンヴァーバル的な方法だったからだそうです)

 

詳しいことはまだ調べているので分かりませんがね!(ぉぃ)

この辺詳しい人がいたら教えてほしいくらいです。

 

 

結論:

サイコロジカル・フォースとメンタル・フォースは同義語。

分けたがる人が一定数居るけど、基本的には同じもの。

 

ちなみに、私の考えている両者の違いは

選択肢の中から選ばせるのがサイコロジカル・フォース、選択肢を提示せずに思い浮かばせるのがメンタル・フォースです。

言い換えるなら、現物が有る状態でやるのがサイコロジカル・フォース、イメージだけで完結するのがメンタル・フォースってところです。

なので、5枚のカード等現物を見せて行うサイコロジカル・フォースをメンタル・フォースと呼ぶことに抵抗があるわけです。

サイコロジカル・フォースにはクラシック・フォースや上でも書いたスプレッド・フォースなども含まれると考えているので、カードを使わないタイプのフォースに関する呼称を別に用意しておく必要性があったというのもあります。

 

 

 

(JEAN)

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事